悩む男性と医師

男性特有のがん

前立線は男性にしかありません。そのため、前立線がんも男性しかかかることがないと言われています。治療を行なうことで治すこともできますが、克服しても転移をしている可能性があるので注意が必要です。

» 詳細を確認する

骨も調べる必要性

前立線がんの転移は様々な場所におきます。上げられるパターンとしては、骨やリンパ節などがあり、骨に転移をするととても危険です。そのため、前立線がんに罹った際には、骨まで検査をする必要があるのです。

» 詳細を確認する

進行を抑える

前立腺がんは転移する可能性があるので、早めの治療が大切です。治療は、PSA監視両方、手術療法、放射能療法、ホルモン療法など様々あります。自分に合った治療を行なうことが大切です。

» 詳細を確認する

日常的に予防

男性限定で恐ろしいがんの一種である前立線がんの転移を防ぐにはどうすればよいか、浸潤しやすい場所はどこか。詳しくはこちら。

副作用がほぼゼロの安心治療です。胆のうがんは細胞療法で、無理なく治すことが出来ます。詳しくはこちらをご覧下さい。

前立腺がんとは、名前の通り前立腺にできたがんのことです。前立腺がんは、転移や再発する可能性がある病気です。転移してしまう前に治療することが重要で、完治するためには早期発見と早期治療が必要です。他の臓器に転移していない場合は、適切な治療を行なうことで、10年生存率が90%以上期待することができます。しかし、離れた場所に転移している場合は、5年生存率が30%以下と大きく下がってしまうので、どれだけ早い時期に治療するかが重要になってくるのです。高齢になると、前立腺がんになる可能性が高いです。進行がゆっくりしている場合が多いです。進行がゆっくりの場合は、治療が必要ないこともあります。特に高齢者の場合は寿命に影響を及ばさないことがあるので、治療をしないことも多いのです。

前立腺がんを早期発見するためには、症状に気づくことが大切です。ただ、自覚症状で早期発見は難しいがんなので、定期的な検査が必要になります。症状に気づいた時には、だいぶ進行している状態です。症状としては、残尿感、頻尿、排尿困難、夜間頻尿など排尿障害の症状がほとんどです。前立腺がんを治療したら、再発しないために気をつけることが大切です。一番大切なことは、規則正しい生活を送ることです。これは、前立腺がんだけではなく、健康を維持するために必要なことです。また、適度な運動をすることも重要です。有酸素運動をすることで、体を強くして、病気に負けない体にしましょう。運動をすることで体の疲れを出すこともできますし、ストレス解消にもなります。アルコールはなるべく抑えて、禁煙した方が良いです。アルコールの過度な摂取や禁煙は、様々な病気に繋がるので気をつけた方が良いです。

病院や学校などの検便検査はこちらに頼みませんか?WEBでの注文に対応していますので、簡単に申し込めますよ。

放っておくと命を落としてしまうリスクが大きくなります!睡眠時無呼吸症候群は専門医の治療を受けることで改善することが可能です。